ペーパードリップで注ぐコツ

昨日は都内の表参道まで遊びに行ってきました。表参道には本当におしゃれなカフェが多いので歩いているだけで楽しい。今日はコーヒーをペーパードリップで注ぐコツを自分の経験を踏まえてお伝えしたいとおもいます。


まずは飲料用プラスマグカップ一杯分を増やしたお湯を沸かし、ペーパードリップにペーパーと、受けるためのサーバーをセットし周し入れるようにお湯を軽く注ぎます。
イメージとしてはコーヒー豆を入れない状態でセットし、お湯を入れ全体的にコーヒー豆を受け入れるため温めて準備します。


ペーパーにお湯が染み渡り、サーバーにお湯が落ちきってから、そのお湯をマグカップへ入れます。その後ペーパードリップに必要なコーヒー豆の分量を入れて、飲料用のお湯を注ぎます。


注ぐときのコツは、注ぐ量は蛇口から水を流すときかなり弱めて、途中から荒い水流になり始める頃ぐらいの流水量で中心から外に向かって円を描いてお湯を注いでいただくことをオススメします。


2回目の注ぎはお湯が最後までフィルターを通してサーバーに落ちきるまで待ってください。
回数を繰り返すと沈殿の階層がきれいになり、上部はきれいな泥状が上に上がってきます。
これが美味しいコーヒーが注げたかどうかの目安になります。

飲料分のコーヒーが注げたら、マグカップのお湯を捨て、サーバーからマグカップへコーヒーを注いでぜひお召し上がりください。コツは焦らずじっくりと。していただければ更に美味しいコーヒーが飲めるのではと思います。
より良いコーヒー生活をお祈りいたします。