2017年11月一覧

ペーパードリップで注ぐコツ

昨日は都内の表参道まで遊びに行ってきました。表参道には本当におしゃれなカフェが多いので歩いているだけで楽しい。今日はコーヒーをペーパードリップで注ぐコツを自分の経験を踏まえてお伝えしたいとおもいます。


まずは飲料用プラスマグカップ一杯分を増やしたお湯を沸かし、ペーパードリップにペーパーと、受けるためのサーバーをセットし周し入れるようにお湯を軽く注ぎます。
イメージとしてはコーヒー豆を入れない状態でセットし、お湯を入れ全体的にコーヒー豆を受け入れるため温めて準備します。


ペーパーにお湯が染み渡り、サーバーにお湯が落ちきってから、そのお湯をマグカップへ入れます。その後ペーパードリップに必要なコーヒー豆の分量を入れて、飲料用のお湯を注ぎます。


注ぐときのコツは、注ぐ量は蛇口から水を流すときかなり弱めて、途中から荒い水流になり始める頃ぐらいの流水量で中心から外に向かって円を描いてお湯を注いでいただくことをオススメします。


2回目の注ぎはお湯が最後までフィルターを通してサーバーに落ちきるまで待ってください。
回数を繰り返すと沈殿の階層がきれいになり、上部はきれいな泥状が上に上がってきます。
これが美味しいコーヒーが注げたかどうかの目安になります。

飲料分のコーヒーが注げたら、マグカップのお湯を捨て、サーバーからマグカップへコーヒーを注いでぜひお召し上がりください。コツは焦らずじっくりと。していただければ更に美味しいコーヒーが飲めるのではと思います。
より良いコーヒー生活をお祈りいたします。


やっぱり安定の美味しさスターバックス

最近はサードウェーブの波もきて、特に都内では様々なカフェが軒を連ねますが、私はスターバックスの横浜公園店を一番多く利用します。

その一番の理由は、やはり「自分の居場所と感じることができるから」ではないでしょうか。

スターバックスでは、スタッフお一人お一人がお店をお客様にとっての「居場所」とするべく、主体的に動いていらっしゃるのを感じます。実際に、同じお店に数回足を運ぶと、私のことを覚えていてくださるスタッフさんがいらっしゃり、レジやドリンク受け取りの際に「あなたを認識していますよ」ということが伝わってくる会話をなげかけてくださったり。

もっと足しげく通うようになると、最近いつもハーブティを飲むようになった変化に気づかれ、まだ飲んだことのないハーブティーのサンプルをもって声をかけてくださったこともありました。その後もハーブティーを飲むようになったきっかけがアレルギーであることを会話から引き出されると、私でも楽しめるスターバックスのビバレッジを一緒に考えてくださったり、本当に様々なやりとりを繰り返すうち、いつも足を運ぶお店がなんだか自分にとってのもうひとつの居場所のように感じるようになりました。

仕事の休憩時間に少し読書をしに行ったり、仕事の帰りにコーヒーブレイクに立ち寄ったり、ほんの少しの時間でも、くつろいだり、スタッフさんから元気をもらったりすることのできるカフェだなと思います。

流行りのコーヒーショップと同じくらい、スタバが好きですね。


今日からブログを始めるハマっ娘です。

こんにちは。

横浜の桜木町で生まれたシングルマザーのりおです。

最近、元町のカフェでバイトを始めたので、コーヒーの勉強を兼ねてブログを開始することにしました。私が生まれた横浜といえばプロ野球チームのベイスターズが久しぶりに日本シリーズに進出した話題で持ちきりです。一番好きなベイスターズの選手は抑え投手の山崎選手です。彼の投げるツーシームは魔球ですね。

昔から中華街が大好きです。月に一回は中華街にあるまんちんろうで飲茶を食べています。本当に美味しい中華が食べたい時には中華街一番ですね。あとはスペアリブも絶品なので是非訪れた時にはチャレンジしてみて欲しいです。

先週末は赤レンガ倉庫に行ってきました。リコッタチーズを使ったふわふわのパンケーキはとても人気があるので朝早めに並びます。なんでも世界一の朝食と呼ばれているそうです。そのあとはビールが飲めるカフェで休憩しました。

横浜にはいろんんコーヒーショップやカフェが多いので、ブログを通じてコーヒーの面白さをお届けできたら嬉しいです。