2018年05月一覧

東京都大田区にある珈琲豆販売店 World Beans

2007年にオープンした東京都大田区にあるコーヒー豆屋さん、「World Beans」をご紹介します。

このお店はあくまで自家焙煎珈琲専門店(コーヒー豆屋さん)であって、お店に行っても、その場で飲めるコーヒーは注文できません(たまに喫茶店と勘違いして入ってくるお客さんもいます)。

お店では男性の店員さんお二人が忙しそうに、お客さんから注文をいただいたコーヒー豆を煎っています。お店のドアを開けると、非常に元気な声で「いらっしゃい、今日は何にしましょう」とお出迎えをしてくれます。お店には、いつも大体10種類くらいの世界各地のコーヒー豆が販売されています。

インドネシアはまだしもアンティグアとかエクアドルとか、世間的にはあまり知られていない国のコーヒー豆も並んでいます。価格は大体200g8001,200円くらいといったところです。たまに珍しいコーヒー豆が並んでいるときもあり、年末はセールとしてブルーマウンテンが200g3,000円と結構お値打ち価格で販売されていました。普通では200g6,000円くらいしますもんね。

結構目移りするのですが、好みを店員さんにお伝えすれば、お勧めをご紹介してくれます。コーヒー豆を選んだ後、焙煎をしてくれます。また希望すれば、フィルター用にコーヒー豆を轢いてくれます。ちなみに、焙煎が完了するまで、待ち時間に美味しいコーヒーをごちそうしてくれます。お家で試しても入れ方が違うのか、同じコーヒー豆を使っても自宅では同じ味が出せません。何回も美味しく入れるコツを聞いたのですが、難しいものですね。

 

店舗情報:〒146-0093 東京都大田区矢口2丁目1128

営業時間:10:0020:00

電話番号:03-3758-2039


珍しいサイフォンコーヒーが楽しめるお店 宮越屋珈琲

SL広場と言えば、そう、サラリーマンの街と呼ばれる新橋駅前のこと。サラリーマンのインタビューなんかで、その背景としてテレビによく映っているSL広場。そのSL広場を見ながら美味しいコーヒーの飲めるお店があります。

新橋駅で降りて改札を出ると、すぐ目に入る古いビル。そこに、こだわりコーヒーの飲めるお店があります。情緒たっぷりの木の看板に「宮越屋珈琲」と書かれた赤い文字が飛び込んできます。

その宮越屋珈琲こそ、私のプチ贅沢をするコーヒー屋さんです。千円近いコーヒーも多く、値段は決して安くありません。でも、そのコーヒーの質とサービスを経験すれば、値段に納得できると思います。

外観もなかなか古めかしくて味があるのですが、お店の中も雰囲気たっぷりです。店員さんも皆、接客が丁寧でビシッとしています。肝心なコーヒーですが、1杯ずつサイフォンで丁寧に入れてくれます。

目の前で丁寧に入れて注いでくれるのです。初めて体験したとき、イギリスの高級ホテルでアフタヌーンティーを味わったときのような高揚がありました。なんとも贅沢をしているなーと思いました。

そして、その高級なコーヒーを注いでくれるコーヒーカップ。これもまた高級なんです。どれもこれも、いかにも高級だなーと感じる白い陶器のコーヒーカップ。落ち着いた青の染色が施されていたりとたまりません!

お客さんの年齢層は高く、そのせいか静かで落ち着いた雰囲気が保たれています。こういうお店を大人の隠れ家というのだろうなと思います。本当にここのコーヒーは美味しくて忘れられないです!

 

店舗情報:東京都港区新橋1丁目710 汐留スペリアビル1階2階

電話番号:03-3573-8188

営業時間:[月~金] 10:00~翌1:00 [土・日・祝] 10:00~23:00 無休